Report this Article

バーバリーマフラー


  • Comments 0
  • Views 0

ルブタン何が問題だったのか。厚労省によると、複数の発症者が確認された大阪市と宮城県の印刷会社で共通していたのが、作業場内の「換気の悪さ」。クリスチャンルブタンそして「1、2ジクロロプロパン」という化学物質を洗浄剤として大量使用していたことだ。

 厚労省は今月、大バーバリー阪市の会社で洗浄作業の再現実験を実施。動物実験で発がん性が指摘されている「1、2ジクロロプロパン」と「ジクロロメタン」を使い、モンクレール空気中の拡散状況などを調べた。その結果、作業場内では米国の学会が示す平均許容濃度に対し「ジクロロメタン」は2.6~7.2倍、「1、2ジクロロプロパン」は6~20倍の数値を検出した。

 有機溶剤中毒を防ぐバーバリーマフラーため国は局所排気装置などの設置を義務付けているが、大阪市の会社は未設置。調査ではマスクを使用していないなどの違反をしている事業所が多いことも明らかになった。厚労省幹部は「印刷現場の順法意識は乏しいと批判されても仕方がない」と憤る。

 今後の課題は胆管がバーバリー アウトレットん発症者への労災認定だ。すでに全国計8人が労災申請をしているが、胆管がんを理由とした労災認定は過去に例がなく認定基準もない。認定には、労働とがん発症の因果関係を特定しなければならない。厚労省は「印刷会社で使用していティンバーランドた化学物質と胆管がんの因果関係を示すデータはない」と説明。「特定には時間がかかる」とする。

 「5年」という労災ノースフェイス請求の時効も立ちはだかる。今回確認された8人の死亡者のうち少なくとも5人は死亡から5年以上経過。東京労働安全衛生センターの飯田勝泰事務局長は「健康影響は胆管がんの多発が証明している。被害の甚大さを考慮し、厚労省は時効を適用しない方針を示してほしい」としている。

Share

leilei Article's Source: http://articles.org/%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc/
Author:


  • Posted On July 11, 2012
  • Published articles 10

Post Comment